職場の美創館労働組合物語
著者:西尾力 / A5版 317頁 1,500円(税込 1,620円)
世界恐慌の闇を照らす光とは何か?j.unionが問う20年目の真実


 
  「会社を変える、組合も変わる」をスローガンに美創館労働組合は「経済的欲求」ではなく、「心の報酬」を求める決断をした。そして、現場発の改革でなければあり得ない施策を次々と打ち出した。多くの経営改革が痛みをともなうがゆえに現場からの抵抗にあい頓挫する。
しかし、美創館にはその痛みを恐れない従業員たちがいた。経営改革とは元来経営者側からゴーサインがかけられ進むものだ。ところが、現代の美創館の歴史の中では、改革は常に足下の現場から、従業員の一声から始まるものとなっていた。人間同士の熱い思いが交わされる信じられないほどのドラマチックな歴史を持つ大手化粧品メーカー美創館。
結成62年の美創館労働組合の歴史を遡り、現代における経営改革の成功を照らし直すことによって、21世紀型の新しい労働組合活動モデルがあぶり出されてきた。

j.unionが渾身の力を込めてお送りする、本格的な労働組合ルポルタージュ風物語であり、労働組合関係者必読の書です。

==目次==
はじめに 読者のみなさんへ
第一章  『BC'sレボリューション・セミナー』
第二章  終戦直後の美創館労働組合のあゆみ
第三章  美創館労働組合に突きつけられた組織課題
第四章  社員間格差の是正に挑んだ美創館労働組合
第五章  美創館で働く従業員は全て組合員
第六章  第一次経営改革(福西改革)までの会社のあゆみ
第七章  「バブル崩壊」による逆風
第八章  九八春闘前の「涙の訴え」
第九章  九九春闘のジレンマ
第十章  ピュアボウと美創館のちがい
第十一章 「第二次経営改革」前夜秘話
第十二章 「それが会社が変わり始める予兆だった」
第十三章 「第二次経営改革」始動へ
第十四章 痛みをともなう改革の実行
第十五章 労働組合が実現させた復活のシナリオ
おわりに 注目される非正規社員へのフォロー

立ち読みする
Webフォームより書籍購入を申し込む

専用注文書ダウンロード ※Acrobat Readerが必要です。