えんじょいらいふプログラム
「えんじょいらいふプログラム」って何?
 ニチイ学館労働組合では、全組合員が毎日楽しく前向きに過ごすことができるように、
「良好なメンタルヘルスの維持」を組合ビジョンに掲げて活動を行っています。
えんじょいらいふプログラムはその活動の一環で、2008年度から組合独自の
メンタルヘルス予防活動として取り組んでいます。
テーマ:「気質」を理解した上手な付き合い方
 気質の違いはヒトそれぞれの性格の違いをもたらしています。積極的、好奇心旺盛、怖がりで心配性・・・といった性格は、生まれ持った遺伝子が大きく影響しています。遺伝子で決められた気質は一生変わりません。変わらないからこそ、それを活かしていくことが必要です。自分の気質の強み・弱みを知って弱点をカバーする対処法や周りの人たちの気質を知ることで、上手な付き合い方を学びました。

 
テーマ:コミュニケーションがとれる、上手な聴き方・伝え方
 日常生活において、相手や場面に応じて「上手な聴き方」と「上手な伝え方」を組み合わせれば、心が通いあうコミュニケーションがとれるようになります。家庭や職場で体験する具体的な事例を通じて、すぐに実践できる「上手な聴き方」「上手な伝え方」について学びました。


 
テーマ:人生を愉しむための生き方バランス術
 他者からの評価に依存するような周りにあわせて我慢する生き方ではなく、自分で自分にOKが出せる生き方をするためにも、自分の今の「生き方バランス」を理解し、本来の自分の要求を知ることが大切です。人生を愉しむために、心身の健康のために、限りある時間をどのように過ごしていくのかについて学びました。


 
テーマ:働きやすい職場環境・人間関係づくりのためのハラスメントの正しい知識と対処法
 上司や同僚との業務中に起こる問題を解決しながら、お互いを理解したり、職場環境を良くしていくという物語を通じて、お互いの気質の違いから起こる人間関係のストレスについて理解しました。解釈の違いで起こるトラブルで、自分がハラスメントの被害者にも加害者にもならないように正しい知識を学びました。

 
テーマ:ストレスを抱えたとき、自分の悩みを解決する自己カウンセリング法
 職場や家庭のなかで、さまざまなストレスを抱えて「自分が我慢すればいい」「どうしてよいのかわからない」と悩んだときに、自分の本当の要求(思い)に気づき、適切な行動を選択し、自分の悩みを解決する方法(自己カウンセリング法)を学びました。

 
テーマ:自分や相手の気質を知って、お互いの良さ(違い)を認め合おう
 人間関係の良し悪しは職場環境を左右してしまいます。人間関係は個人と個人がどのようなコミュニケーションをとるかによって影響します。コミュニケーションのとり方が適切ではないと、お互いに理解し合えないということが起こります。
気質の違いがものの見方、感じ方の認知の違いをつくっています。その認知の違いがお互いにストレスになることもあります。自分や周りの人の気質を理解することで、お互いの違い(良さ)を認め合い、上手な付き合い方について学びました。

 
テーマ:自分の生き方は自分で変えられる!
“ストレスサイン”を知って、気づいて、愉しんで生きる
 私たちはストレスを抱えると、心と身体と行動にサインが表れます。たとえば、よく眠れない、身体が重くてだるい、うつうつとした気分が続いたりや、肩こりや腰痛に襲われたり、健康に良くないとわかっているのに過剰な飲酒、喫煙、間食などがやめられなかったりなどがストレスサインです。
  3人のマンガによる事例を通じて、心や身体や行動に表れるストレスサインを知り、それをエネルギーとして活用していくこと、自分らしい生き方は自分自身で変えられることを学びました。

 
テーマ:あるがままの自分を大切にするワーク・ライフ・バランス
 ニチイ学館労働組合では、「組合員と家族の幸せを実現する」ために、「ワーク・ライフ・バランス」の実現を組合ビジョンに掲げて取り組んでいます。
  「ワーク・ライフ・バランス」と聞くと、ワークとライフのどちらか一方の「比重を傾け過ぎていないか」など、「時間の配分が均等か、時間のバランスが上手くとれているか」を考えていると思います。
  えんじょいらいふプログラムでお伝えした「ワーク・ライフ・バランス」では、ワーク(仕事の時間)もライフ(生活の時間)も、「本来の自分を愉しみ、人と愉しむこと」に比重を置きながら、あるがままの自分を大切にしたワークとライフの過ごし方を学びました。
 
テーマ:みんなでつくろう!パワーハラスメントやいじめのない職場
 さまざまな考えや思いを持った人たちが集まった職場では、意見の食い違いや、人間関係のトラブルが起きてしまうことがあります。良かれと思って発言したことが相手を傷つけてしまったり、指導や激励のつもりが相手を追い詰めてしまったりするなど、いつの間にか「加害者」や「被害者」になってしまう場合があります。
  パワーハラスメントやいじめのない、イキイキと働ける職場づくりのために、職場でできることを学びました。
 
テーマ:自分らしく満足できる毎日を送ろう!
 良好なメンタルヘルスを維持し、自分の人生を愉しむためには「自分らしさ」を大切にすることが欠かせません。周りからの評価を気にして「自分らしさ」を損なう生き方ではストレスを抱えてしまいます。こころや体に出るさまざまなストレスのサインに気づき、「自分らしさ」を取り戻すためには、生まれ持った自分の気質を理解し、“あるがままの自分の良さ”に気づくことが第一歩となります。マンガのストーリーに合わせて、ストレスのサインや自分の気質を理解するポイントを学びました。
 
気になるテーマのえんじょいらいふ通信やマンガ冊子はお届けします。
労組までご連絡ください。
TEL:03-3294-1789