一般用ページ

はじめに

委員長挨拶
                  ~魅力あるゴム産業づくりに向けて~

ゴム連合は1974年1月、当時の悲願であったゴム産業で働く労働者を統一する「全日本ゴム労連」の結成以来、産業構造の転換、合理化の波など多難な道のりを経ながら、日本のゴム産業における唯一の産業別組合として、雇用確保、社会的地位の向上、労働条件の改善を目指した活動に取り組んできました。

2005年にはブリヂストン労組との組織統合を果たし新生ゴム連合が誕生。現在のゴム連合としての姿が確立され、「ゴム連合に集う全ての人々が、誇りを持ち、生きがい・働きがいを感じ、安心して生活をおくれることを目指す」との理念に基づき、魅力あるゴム産業づくりに向けた運動を展開しています。また、グローバル化、IoTの進展、資源価格の変動など、ゴム産業をとりまく情勢も大きく変化しており、産業政策の一層の整備が課題となりつつあります。

労働運動の多様化、広範囲化が求められる中、私たちの役割と責任は従来以上に重要なものとなっています。私たちは一人ひとりが自らがおかれた状況を的確に認識し、明るく活き活きと前向きになることで、安全と健康をベースにした豊かな生活が実現できるよう、あらたな活動を進めてまいります。


ゴム連合中央執行委員長
佐藤 宜弘