広告労協のご挨拶

団体名
広告労協  (旧称:全国広告関連労働組合協議会)

広告労協の設立目的
広告業界各社の 働く側の立場に立ち、各社の労働組合と連携しながら、賃金、労働条件の改善や独自 の福利厚生活動などに取り組んでいます。
昨今では、経営問題、広告の著作権問題、業務のスキルアップ、社員の健康管理といったテーマにも範囲を拡大し、広告業界の 健全な発展とそこで働く社員の幸福のために、活動を展開しています。2002年に 労働組合としては全業種で初めて新卒採用活動に本格的に乗り出し、 「広告業界就職フォーラム」をスタートさせました。

現在の組織構成
広告労協は、広告業界唯一の労働組合の横断的な組織で、40年以上の歴史を有しています。
現在、38労組が広告労協に加盟しています。 主な加盟組合は、企業内組合として、電通労働組合、アサツー ディ・ケイユニオン、 東急エージェンシー労働組合、読売連合広告社労働組合、マッキャンエリクソン労働組合、 I&S BBDO労働組合、朝日広告労働組合、オリコム労働組合、全国一般日本経済広告分会、 JTBコミュニケーションズ労働組合、毎日広告社労働組合、読売エージェンシー従業員組合、読売連合広告労働組合などがあり、 個人向け組合として、広告ユニオン、広告業界フォーラムユニオンがあります。
広告労協は、新聞労連、 民放労連、出版労連などが結集している「日本マスコミ文化情報労組会議」(略称・MIC)に加盟しています。


Copyright © 広告労協 All Rights Reserved.